BtoBツール

BtoB向けツールの最大の特徴は、見込み客を長期間にわたって顧客にしてしまう事でしょう。ここでは、BtoB向けツールを導入するメリットとデメリット、それに選ぶ時のポイントを紹介します。是非とも参考にしてみてください。

BtoBツールのメリット

マーケティングオートメーションの中でも、企業を相手にしたマーケティングを行うのに特化したツールがBtoBツールです。BtoBツールの特徴は顧客の管理の効率化ができることです。顧客の情報や商談の状況…

BtoBツールのデメリット

近年導入が進んでいるマーケティングオートメーションのツールですが、BtoBの分野においても専用ツールの導入を進める企業も増えてきています。大幅に営業にかける時間が削減出来る、効果が可視化出来る等の…

BtoBツールを選ぶポイント

BtoBのマーケティングオートメーションツールを選ぶときに最大のポイントは既存顧客による売上を大きくしつつ、強いパイプラインを作り上げるためのサポートにすることです。問い合わせや資料請求をしてくれ…

マーケティングオートメーションはビジネスの様々なシーンに必要

マーケティングオートメーションは、自社と関わりがある顧客の購買状況を分析したり、新しい層の顧客を開拓したりする際に欠かせないものとなっています。

BtoCツール

BtoC向けツールは、顧客のサービス検討期間、購入するプロセスともに比較的短いのが特徴です。BtoC向けツールを導入することで得られるメリットに加えて、デメリットそして選ぶポイントを紹介します。ぜひ参考にしてください。

BtoCツールのメリット

BtoCツールを取り入れることで得られるメリットの一つ目は、個々の顧客のニーズに合わせて情報管理が出来ることです。これまでのマーケティングはアンケートを基にした情報取集が企業と顧客をつなぐツールだ…

BtoCツールのデメリット

BtoCのマーケティングオートメーションツールは自動でリードや顧客に対してマーケティングを行えるのはメリットですが、ターゲティング力については問題があります。近年のマーケティングのトレンドとして、…

BtoCツールを選ぶポイント

自動化可能な部分を増やす

BtoCのマーケティングオートメーションツールを選ぶ上で最も重要なのが自動化に注目することです。どこからどこまで自動化ができるかはツールによって異なり、ただメールの配信を指定した時刻にできる程度のかなり機能が制限されてしまっているマーケティングオートメーションツールもあります。顧客リストから自動的にターゲットを取得して整理してくれたり、いくつかの項目を選択するだけでターゲットを決めてメールやメッセージを送ったり、自動的にフォローアップメールを送ることができたりするツールもあります。基本的には機能が多ければ利用範囲は広がるので、BtoCのマーケティングオートメーションツールは自動化機能重視で選ぶのが大切です。

効果測定が可能なシステムを選ぶ

マーケティングオートメーションを始めてから大きな問題になるのが本当に効果があったのかどうかを見極めることです。BtoCでは直接売上に影響することが多いため、売上ベースでどのくらいの効果が得られたかを評価するのが妥当でしょう。ただ、顧客一人あたりの売上がどのくらいなのか、顧客数が増減しているのかといった点も明確にしなければマーケティングの効果そのものについては評価するのが困難です。このような効果測定を簡単に行えるようにするのが合理的でしょう。そのため、BtoCのマーケティングオートメーションツールを選ぶときには効果測定が可能で使いやすいシステムを選ぶのが大切です。デモを見せてもらって使いやすいかどうかを見極めるようにしましょう。